エサ

エサ釣りはシーズンを通して一番コンスタントに魚が釣れる釣り方だと思います。仕掛けもシンプルですし、慣れれば簡単に自分で作ることが出来ます。エサ釣りで使用するエサは時期にもよりますが、殆ど現地調達が出来ます。現地で調達するエサは川虫がメインです。魚にとってもいつも食べているエサなので安心して食いついてきます。しかし、時期やポイント・状況によっては数が少なかったり、あまりにも小さ過ぎて使えないことがありますので、予備のエサは用意して下さい。予備に用意するエサは、ブドウ虫かミミズです。時期によってはイクラが良い時もあります。ブドウ虫は万能型ですのでシーズンを通して使用できます。ミミズは雨などの影響で川に濁りが入った時などに、効果が絶大です。餌釣りの難しいところは、魚の居る層に如何に自然にエサを流せるかだと思います。簡単なようですが、竿と水中糸・オモリとのバランスも必要ですし、エサを投入する流れの中のポイントも見極めなければなりません。最初はこの流れの筋を見極めるのが難しいかもしれませんが、流れが読めれば、小さなオモリでもエサを魚のいる層に運べるようになります。他にも水中糸が細ければ細いほど、水の影響を受けませんのでエサは沈みやすいですし、自然に流しやすくなります。流れの抵抗を受けにくいので、オモリも小さく出来ますので、より自然に流せるんです。ただし、先ほども言ったように流れを読まないと、どんなに細い糸を使っても、大きなオモリを使っても、なかなか魚の居る層には沈みませんので、流れを読む練習をして下さい。

青イソメ (青ゴカイ・青虫)

海岸の干潟状の砂泥地にすむ。緑色っぽい多毛綱イソメ科の環形動物で、10~20cmと細長く、多数の環節からなる。
活発に動き、喰い良く・安価・丈夫と三拍子揃った万能エサといえます。ウキ釣りや探り釣り、投げ釣りまで、幅広くご活用できます。

マムシ (岩イソメ・ジャムシ・本虫)

海岸の砂泥地深くにすむ。薄いサーモンピンクの環形動物。およそタバコほどの太さです。身は弾力があり、柔らかいがちぎれにくく、エサ取りにも強いため 遠投にも堪えます。真鯛やチヌなどの鯛釣りによく使われ、カレイ狙いなどの投釣りに最適です。

ユムシ (イイ)

海岸の浅い砂泥中にU字やJ字状の穴を掘ってすむ。ユムシ動物門 Echiura に属する無脊椎動物で、円筒状で赤みがかった乳白色をしている。体長数ミリ~50cmのものまである ※当店では体長3~10cm前後の物をご用意。底魚類が好むので、1匹をそのまま大物狙いの投げ釣りや、船釣りの底物狙いに使われています。

コウジ(コージ)

ユムシに比べると身が厚いので、切り身にして使うことが多い。特別な船釣りで、ヒラメなどの大物狙いのときには、1匹丸ごと使われています。

コガネ(赤コガネ)

海岸の砂泥地深くにすむ。美しく赤い多毛の環形動物。およそ葉巻ほどの太さです。身の鮮やかな赤味が光り、カレイ・ヒラメ釣りに重宝されています。