ルアー

ルアーフィッシングとは、生き餌を使う従来の釣りとは違い、疑似餌(ルアー)を用いて行う釣りで、スポーツ感覚で若い人から大人まで幅広い層で支持され楽しまれています。近年はルアーの種類も増え、対象魚も様々になっていますが、基本的にはハードルアー(ミノーやプラグ、ジグやバイブレーションなどを指す)とソフトルアー(グラブやワーム)に分けられ、釣りたい魚によって使い分けされます。狙いたい魚が異なれば、当然狙うところや狙う層(レンジ)も異なるので、幅広い知識が要求されるが、一度覚えてしまえば、これほど手軽な釣りはありません。車に道具を積んでいればいつでもどこでも竿出しできる手軽さは、他の釣りでは味わえません。
ルアーは小魚や小動物を模しているため、これらを捕食する肉食魚や雑食魚であれば、理屈の上では(難易度はともかく)全て対象魚となり得ます。日本で人気のある魚種は、淡水ではサケ・マス類、ブラックバス、ライギョ、ナマズ、海水ではスズキ(シーバス)、マダイ、チヌ、シイラ、カツオ、マグロ、ヒラメ、ブリ、ヒラマサ、カンパチ、メバル、カサゴ、アイナメ、イカ類、アジなどがあります。
釣った魚はその場で再放流することで生物資源を守るキャッチ&リリースという思想があります。

スプーン

金属のできたシンプルなルアーです。きらめきながらヒラヒラと泳ぎます。スプーンは誤って湖に落としたスプーンを鱒がくわえた事をヒントに考案されたといわれています。2gぐらいの小さなものから14gぐらいの大きいものなどサイズや色のバリエーションが豊富です。ニジマス釣りの定番のルアーです。

スピナー

“ブレードという金属板がクルクル回り、魚にアピールします。動きは小魚や水中を逃げる昆虫をイメージしています。
ニジマス釣りなどの渓流でよく使われます。スピナーは、ブレードの下に毛がついたものもあります。”

ミノー

ノーは一番小魚に近い形をしたルアーです。巻くと沈み、止めると浮かびあがってくるフローティングミノー、水中で停止するサスペンドミノー、深い場所で活躍する、止めると沈むシンキングミノーがあります。
ミノーはフラッシングでアピールし、魚を誘いだすルアーです。フィッシュイーターが小魚を意識したときはやはりミノーがよいです。ミノーはルアーの中でも5cm、7cm、9cm、12cmなどサイズが豊富にあります。ミノーはフィッシュイーターが普段捕食しているベイトのサイズに合わせることによって効力を発揮します。よってミノーは色々なサイズがあるのです。

バイブレーション

巻くと振動を起こします。他のルアーより重く飛距離がでるため、テンポよく魚を探すことができます。バイブレーションはほとんどシンキング(沈むタイプ)なので、カウントダウンで(沈める秒数で水深を調節する)魚のいる層に合わせます。

スピナーベイト

スピナーベイトはブラックバスを釣るために開発されたルアーです。バス釣りをする人のタックルボックスには1つは入ってある定番ルアーです。スピナーベイトのブレードとヘッドで、魚の群れをイメージしています。『こんなもので魚が釣れるのか?』と思う形をしていますが、スピナーベイトで釣りあげたときは価値観が変わると思います。スピナーベイトは、広範囲をスピーディーに探るためのパイロットルアーです。アメリカのバスフィッシングのポイントは広大なフィールドが多く、アメリカではほとんどスピナーベイトしか使わないプロもいるくらいです。

ワーム

合成樹脂やラバー軟らかい素材でできています。ミミズ、小魚、ザリガニなど様々な形があります。魚がハードルアーに比べ違和感を感じにくいため、ルアーに慣れてしまっている魚には良いとされています。ワームは、ストレートワーム、グラブの2つをおさえておけば十分です。

Amateurhotspot.com
This domain has expired. If you owned this domain, contact your domain registration
service provider for further assistance. If you need help identifying your provider, visit
http://tucowsdomains.com
adult - girl on couch