川釣り

川釣りには 川の上流部で、ヤマメ、イワナなどを釣る渓流釣り、コイ、フナ、ウグイ、アユ、オイカワなどを釣る中流、下流釣りなど、場所によって釣れる魚が全然違ってきます。渓流魚はかなり用心深く、人影を見たりすると あっという間に岩陰に隠れてしまい釣れなくなってしまうので、ベテラン向きの釣りといえます。初心者には仕切られた範囲で放流された魚を釣る中流、下流の釣り場や、釣堀などがお勧めです。いずれの釣場も、地元の漁業組合が魚族の増殖保護のため漁業権を設定しているので、釣るときは入漁料を支払う必要があります。規模は大きく常に水の流れと豊富なエサがあるのが川の特徴です。釣り人のプレッシャーも少ないと言えます。雨の影響は湖沼よりも大きく、上流でにわか雨が降っただけでも濁りが入り釣果が上がらないこともあります。